Q 自営業の夫は、家に帰っても休まず、よく朝方まで仕事をし、辛いと言いながら、たまの休日にも営業に出て行きます。
そんな夫を見ていると、子どももおらず、普通の生活をし、夜も早い時間に寝ている私が何か楽をしているようで、ストレスを感じてしまいます。
どうしたら夫は仕事をセーブし、私もゆったりとした生活ができるでしょうか。(M・F、45歳、女性)

inoti144_Q_A_1a

回答者:伊藤啓子 (生長の家地方講師)

回答者:伊藤啓子
(生長の家地方講師)

A ご主人を精神的に支え、自分にも目を向けて下さい

朝方から夜遅く、まして休日まで仕事に没頭するご主人は真面目な方ですし、そんなご主人の体を心配されるあなたも真面目で優しい方です。
だからこそ、自分が楽をしているように考えてしまうのだと思います。

あなたにまずお願いしたいのは、ご主人の働く姿勢を尊重して支えてあげて欲しいということです。
とは言っても実務的にではなく、ご主人がほっとする空間になるよう、部屋にお花を飾るなどして精神的に支えるということです。

また、ご主人が出かけるとき、「行ってらっしゃい」と笑顔で送り出し、「お帰りなさい」と笑顔で迎えてみてください。
ご主人のシャツに、心を込めてアイロンをかけてあげたり、時には、愛情いっぱいのお弁当を作ってあげたりするのもいいと思います。

そういうことをした上で、「働きづめだと体によくないから、少し体を休めてくださいね」などと、それとなくご主人に話してみたらいいのではないでしょうか。
あなたがご主人のことを思いやり、ご主人のために行動すればするほど、きっとご主人もあなたのことを思ってくれるようになり、あなたの言うことにも耳を傾けてくれるようになると思います。

もう一つお願いしたいのは、もう少し自分にも目を向けてみるということです。
「自分だけが楽をしている」と責めるのをやめ、空いた時間を自分を高めるために使っていただきたいのです。

今、何か趣味としてやってみたいこと、若いときにしたくてもできなかったことなど何かに挑戦してみてください。
そうすることで生き生きとしてくるだけでなく、そんなあなたを見てご主人もきっと喜ぶはずです。

夫婦は“合わせ鏡”ですから、ご主人が幸せであればあなたも幸せであり、あなたが幸せであればご主人も幸せなのです。

ますます素晴らしいご夫婦になられるよう、心からお祈り申し上げます。

相談をお寄せ下さい
生長の家の教えで問題解決を希望される方の相談文をお待ちしています。誌上では匿名にしますが、住所・氏名・年齢・信仰歴を明記して下さい。
〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内 日本教文社
『いのちの環』編集室「Q&A」係 FAX●055-213-5022 
Eメール●inochinowa@kyobunsha.jp
(携帯電話のEメールでのご相談はご遠慮下さい)