「日時計24」の特集記事一覧

hidokei166_kaisetsu_top

特集解説|「求めず、ただ与える」ために必要なこと

結婚って、なんだろう。多様な生き方ができるようになったいまだからこそ、結婚の意義について思いを馳せてみる。数え切れないほど沢山の人がいるこの世界で、大切なパートナーと出会えたことは、本当に奇蹟としか言いようがない。一緒に生きていくなかで、ときにはぶつかり合うこともある。そうやって、曲がりくねった道を支え合いながら歩いて行く。「苦しいことがあっても、二人で乗り越えられる」。そうお互いを信頼し合った先に、きっと二人らしい生き方が見えてくる。

hidokei165_kaisetsu_top

特集解説|「ノーミート、低炭素の食生活」を実践し、自然と調和した生き方をしよう

何かを食べなければ人間は生きていけない。あたり前のことのようだけれど、普段はそんなことは意識にあまりのぼらない。忙しい日々のなかで、食生活が乱れがちになり、手軽なファストフードばかりを食べているという人も多いかもしれない。でも、自分が何を食べるかは、自分がどう生きるかということだけでなく、じつは地球の未来にも密接につながっている。自然や他の生物と調和した、より良い世界を築いていくためにも、まずは、自分の食生活について見つめ直してみよう。

『日時計24』特集_匿名手記1_164_トップ画像

匿名手記1|不登校を乗り越え、今を前向きに生きる

私は3歳の時に両親が離婚し、年の離れた2人の姉たちと共に、母に引き取られました。私たちは、祖父母が暮らす母の実家に身を寄せ、母は忙しく働きながらも、私たちに愛情を注いでくれました。祖父母も私たちを可愛がってくれたので、あまり寂しさを感じることはありませんでした。母は離婚後に生長の家の教えに触れ、私は母に連れられて生命学園に通うようになり…(24歳・女性)

hidokei164_syuki2_top

匿名手記2|「人間・神の子」の教えで、引きこもりから立ち直る

私は年少の頃から、生長の家の教えを信仰していた母に連れられて、生命学園に通っていました。そこで講師の先生からとても可愛がられ、他の参加者の子たちと一緒にお菓子作りをしたりするなど、楽しく過ごしていたことを覚えています。ところが、小学2年生になった頃から、クラス担任の目が届かない休憩時間に、一部の同級生からいじめを受けるようになりました。(32歳・男性)

『日時計24』特集_163_トップ画像

特集解説|人は誰もが唯一無二の存在素直に思いを表現すれば独創につながる

優れた芸術にふれて、思わず言葉も出なくなるほど感動で心がいっぱいになった。そんな経験をしたことはないだろうか。よく分からないし、うまく説明できないけれど、不思議と心を動かされる……。大切なのは、言葉にならないその感動だ。私たちのなかに、素晴らしい創造性や独創力が宿っているからこそ、その作品に心が共鳴したと言えるのだから。「自分には、才能なんてない」なんて、呟(つぶや)くのはやめよう。「何かを創り出す力が、自分にはきっとある」と信じてみよう。

『日時計24』特集_160_トップ画像

対談・特集解説|ご先祖様に守られ、 日々幸せに生きられることに感謝して

「自分らしく生きる」ことが大切にされるけど、ことさらに個性的であろうとすると、かえって自分自身を見失うこともある。
「自分さがし」に頭を悩ませる前に、そもそも、あなたがどのようにして、この世界に誕生したかに思いを馳せてみよう。
普段は、先祖について考えたことがないかもしれない。でも、生命を繋いでくれた先祖がいたから、あなたは今ここにいる。
先祖と自分は生命を通してつながっている。そのことに感謝するとき、きっとあなたは新たな自分自身を発見するだろう。

『日時計24』特集_159_トップ画像

特集解説・ルポ|「神においてすべては一体」と祈り、調和の心を大切に生きる

学校や職場、そしてSNSなどを通して、私たちは日々さまざまな人たちと出会い、そのなかから多くのことを学んでいく。でも、ときには相手との関係がうまくいかなくなって、心がすれ違い、仲間のなかで孤立してしまうようなこともある。どうすれば、もっと人づきあいを楽しむことができるのか。どうすれば、もっと相手と心を通わせることができるのか。あなたの目の前に現れる人たちは、きっと何かをあなたに教えてくれている。まずは、それを知ることから始めてみよう。

『日時計24』特集_158_トップ画像

特集解説・ルポ|信仰によって自分の本当の素晴らしさに気づいた

神社や寺に初詣に出かけ、教会で結婚式を挙げる。普段はそうしたことに抵抗を持たず、私たち日本人は生活をしている。けれどもその一方で、「宗教」とか「信仰」と聞くと、怖いものというイメージが浮かび、身構えてしまうのはなぜだろう。人は長い歴史のなかで、より良く生きたいと願い、何か大いなるものの力を信じて祈るということを大切にしてきた。そうした信仰を持って生きることに、どんな意義があるのか。世界が紛争に揺れる今こそ、その意味を一緒に考えてみよう。

『日時計24』特集_157_トップ画像

特集解説・ルポ|日々の積み重ねが思い描いた結果につながる

コンピュータやインターネットが発達して、日常生活は飛躍的に便利になった。そんなすごい時代を僕らは生きている。でも、そんな快適な暮らしの一方で、デジタル機器を扱う時間が増えて、“デジタル疲れ”を覚える人も増えているという。今、幅広い世代でアナログ・レコードが人気を呼んでいるのも、そうしたデジタル全盛時代の反動なのかもしれない。スマホを見るのを少しやめて、空を見上げてみよう。そして、デジタルなものだけに偏らない生き方について考えてみよう。

『日時計24』特集_156_トップ画像

ルポ・特集解説|人との繋がりに喜びを感じて

自分らしく生きたい。きっと多くの人がそう思っている。けれど、そもそも「自分らしさ」って一体どういうものなんだろう。
「本当の自分」を見つけようとしてもがいているうちに、かえって自分を見失い、人との関係にも疲れてしまうことがある。
「もっと自由に、個性を発揮して生きる」という言葉に疲れてしまったときは、ひとまず深呼吸をして、空を見上げてみよう。
あなたには、あなたにしかない才能や個性がすでに備わっているのだから。気負うことなく自分を大切にして生きて行こう。

『日時計24』特集_155_トップ画像

ルポ|無農薬・無化学肥料による「食」の素晴らしさを伝えたい

いつも食べているものについて、それがどのように作られたものなのか、普段はあまり気にすることがないかもしれない。でも、「食」は生きていくうえでとても大事なもの。私たちの体を作っているのは、私たちが食べているものなのだから。よく食べることは、よく生きることにつながる。だからこそ、自分が何を選び、食べるかという選択が重要になってくる。大切なのは、その選択が、かけがえのない地球を守ることにもつながっていくのだと知ること。「食」について一緒に考えよう。

『日時計24』特集_154_トップ画像

ルポ|自分を許し、そのままの自分を認める

人生には様々な出来事があり、うれしいこともあれば、ときには落ち込み、心が挫けそうになってしまうこともある。「何のために、生きているのかな?」と、虚しさを感じてしまうときは、しっかり自分に向き合うチャンスかもしれない。何かを成し遂げなければ、生きる意味はないと思い込んでいると、目の前にある大切なことに気づけなくなってしまう。今日一日を生きていることの素晴らしさを、しっかりかみしめながら、希望を失うことなく前を見て歩いて行こう。

『日時計24』特集_153_トップ画像

ルポ|「神の子」として拝み合い、ともに生きていきたい

世の中はどんどん移り変わっていくけれど、誰かが誰かに恋をして、相手を大切に思う気持ちは決して変わることがない。
その一方で、恋愛の先に「結婚」の二文字が見えてきても、なんとなく漠然としていて、遠い先のことのようにも思える。
人はなぜ恋をして、結婚したいと思うのだろうか。良きパートナーを得て、どんな人生をともに築いていきたいのか。
いま恋をしている人も、そうでない人も、まずは自分の望む理想の未来を思い描いてみよう。心の窓を大きく開け放って。

『日時計24』特集_152_トップ画像

特集解説・ルポ|木のぬくもりを感じて

大抵のものなら何でも買える時代に、わざわざ自分で何かを手づくりするなんて、「コスパが悪い」と思うかもしれない。
けれど、手間暇をかけて手づくりしたものには、市販のものにはない温もりや優しさが溢れているし、愛着も生まれる。
物が壊れて使えなくなったりしたときにも、ネットでポチる前に、まずは直したり、自分でつくれないか考えてみよう。
毎日の暮らしのなかで、楽しみながら手づくりに取り組んでいった先に、きっと本当の「幸せ」や「豊かさ」がある。

『日時計24』特集_151_トップ画像

特集解説・ルポ|感謝の心が運命を好転させる

生きていると、色んな問題に直面することもある。時には乗り越えられそうもない大きな壁の前で、足がすくんでしまう。
「これが自分の運命なのかな?」と、希望がもてなくなって落ち込んでしまいそうになる。でも、それって寂しくないか。
決められた運命なんてものはない。大切なのは、人間はそんな不確かなものに左右される存在ではないと知ることだ。
きみには無限の可能性がある。人生は自分自身が切り開くもの。顔を上げて前を見よう。いつだって、運命は変えられる。

「特集解説」150_トップ画像

特集解説|良心の声に従い、世界平和の実現を目指して自転車に乗ろう

ハンドルを握り、ペダルを漕ぐ。爽やかな風が吹き抜けていく。自転車に乗ると、いつもの景色もなんだか違って見える。
もし今あなたが何か悩みを抱えているなら、一度その大きな心の荷物を置いて、自転車で気ままな散策に出かけてみよう。
ときには坂道もあるけれど、それもまた楽しい。無理をしないで、ゆっくりと。大切なのは、自分のペースで走ること。
さあ、自転車で新しい自分に出会いに行こう。眩しい太陽を目指して進んだ先に、光り輝く未来がきっと待っているから。

hidokei149_rupo_top

ルポ|両親の愛に気づいたとき、心が安らかになった

学校や職場などで誰かと話をしているとき、つい空気を読んで、顔色を窺いながら、相手に合わせてしまう自分がいる。SNSで「いいね」がつかないと、なんだか自分が否定されたように感じて、気持ちが落ち込んでしまうことも……。人からの評価に振り回されて、心が疲れ切ってしまう前に、そのままで既に素晴らしい自分を認めることから始めよう。「ありのままの自分」で生きることは、難しいことじゃない。あなたには、あなたにしかない絶対の価値があるのだから。

hidokei148_tokusyu_top

「生長の家について知りたい」入門講座/番外編|先祖について知りたい

先祖って、自分にとってどんな存在なのだろう。お盆やお彼岸に、お墓の前で手を合わせながら、そんなことを考える。自分が生まれてくるまでに、数え切れないくらいの先祖がいた。あまりにかけ離れた存在だけれど、それは事実だ。名前も顔も知らないし、自分には関係ないと思うかもしれない。でも、そんな自分の中には、先祖から受け継いだ命がある。毎日、自分が泣いたり笑ったりできるのも、先祖がいたからこそ。生きる喜びは、先祖への感謝の中から生まれてくる。

hidokei145_rupo_top

ルポ│自分の心と向き合ったとき、新しい道が見えてきた

新型コロナは生活を一変させ、大きな混乱をもたらした。でもその一方で、気づかせてくれたこともたくさんある。声を上げて笑い合い、握手をして思いを伝えたりする。そんな何気ないことが、いかにかけがえのないものだったのか。当たり前だと思っていたことが、当たり前ではないと気づいたとき、過ぎていく毎日を精一杯生きたいと思うようになる。さあ、明るい未来を描いて歩き出そう。輝く太陽はいつも、希望の光で、君の進む道を照らし続けてくれているのだから。

hidokei144_rupo_top_a

ルポ│善なる心にしたがって

テレビのニュースで観た、街頭で懸命に募金活動に取り組む人たち……。道を歩いていて、目についた空き缶などのゴミ。捨てられた空き缶を拾ったり、募金箱にお金を入れたりする、そんな簡単そうに思えることも、すぐにできないときがある。「自分も、何か人のためになることをしたい」と、心の中で思っているのなら、あとは、ほんの少しの勇気が必要なだけ。まずは自分のできることから、一歩を踏み出して行動してみよう。あなたの思いはきっと、誰かの心に届くはずだから。

hidokei143_rupo_top_c

ルポ│無条件に自分を認めよう

いじめを受けて、ひとりで悩みをすべて抱え込んでしまい、心が追い詰められてしまうことは本当に苦しく、辛いこと。世界が真っ暗闇のように感じられて、ときには自分が生きている意味すらも、見失ってしまうことがあるかもしれない。
でも、いま、あなたがいるその場所が、この世界のすべてじゃない。もっと広い世界があることをどうか忘れないで欲しい。あなたは、あなたにしかできない使命を持って生まれてきた。自分のことを絶対に否定せず、前を向いて生きていこう。

hidokei141_rupo_top

ルポ│相手の「背景」を知ることが、世界の平和につながる

紛争や飢餓、気候変動など、世界はたくさんの問題を抱えている。ニュースを見て、「大変そう」と思う。でも、どこか現実感がない。
慌ただしい毎日で、自分や周りのことだけで精一杯という感じ……。
でも、そんな時こそ、広い世界に少しだけ目を向けてみよう。
一つの地球の上に多くの国々があり、様々な人々が暮らしている。そして誰もがみな、幸せに生きられるような世界を求めている。
それを実現するのに必要なことは? まずは、そのことに関心をもとう。あなたの意識が変わるだけでも、世界は必ずよくなっていく。

hidokei140_rupo_top_a

手記│考えを伝え合うことで尊重し合える関係になれる

些細なことで喧嘩をしたり、相手を束縛してしまったりと、心は通じ合っているはずなのに、どこかうまくいかない。
恋をしているのに、相手との心の距離を感じてしまっているときは、少し立ち止まって、自分のことを振り返ってみよう。
自分の気持ちを、一方的に相手に押し付けていないだろうか。
「好き」「嫌い」の感情だけに振り回されていないだろうか。
人を愛するって、とても素敵なことだから、お互いを高め合っていけるよう、ゆっくりと大切に、二人で恋を育んでいこう。

hidokei139_rupo_top_a

ルポ│身近にある幸せに 気づかせてくれる自転車

憶えているだろうか、初めて自転車に乗った日のことを。何度も倒れながら練習して、走れるようになったときの喜びを。自転車に乗りながら、あの頃のことを思い出すと、普段の風景が違って見え、わくわくした気持ちが甦ってくる気がする。今、世界では、自然と人間が調和したライフスタイルを選ぶことで、皆が平和に暮らせる生き方が求められている。自転車に乗って、新しい時代へと走り出せ。風を切ってペダルを漕いでいった先には、希望にあふれた未来が待っている。

hidokei138_rupo_top_c

ルポ│大切なのは、幸せとはなにか 自身に問うこと

毎日のように新製品が発売され、あらゆる物がインターネットで即座に手に入る便利な世界に私たちは生きている。でも、スマホの機種変更をしながら、こんなことを思ったことはないだろうか。「これって、まだ使えるんだけど……」。必要以上に私たちは、物を欲していないだろうか。物が増えたとして、どれほど幸せを感じられるようになっただろうか。シンプルに生きるとは、余分なものを手放すこと。心に溜めた重荷さえも手放すとき、すでにあった幸せに気づくものだ。

hidokei137_kaisetu_top_a

人間はみな、永遠に死なない 「いのち」を持った神の子

「命を大切にしよう」という言葉は、あちこちで耳にする。命が大切なことは、みんな知っている。それでもときには、自分が生きる意味を見失ってしまうこともある。「なぜ、自分はこの世界に生まれてきたのか」たとえ今、その意味がわからなくても、前を向いて歩き続けていれば、必ず見えてくるときがくる。そのためにも、自分のいのちの声に耳を傾けよう。いのちの声は、あなたを導いてくれているのだから。

hidokei136_rupo_top

母娘対談│懸命に生きた曾祖母の心を 大切にしたい

「先祖」と言われて、あなたは何を思い浮かべるだろうか? 身近に感じられないし、イメージできない、という人もいるかもしれない。でも、先祖がいなければ、あなたは「いま、ここ」に存在していない。それぞれの時代を懸命に生き抜いた先祖に思いを馳せるとき、先祖の存在が、いまのあなたとつながってくる。命をつなげてきてくれた先祖に、感謝の思いを深めよう。そして、あなたが「いま、ここ」に存在することに感謝しよう。

hidokei135_rupo_top_c

ルポ 本当にしたいことをするとき、 幸せを感じ、創造力も高まる

子どもの頃から、歌やダンスのレッスンに通い、表現することが好きだった。24歳の時に生長の家の総本山に就職し、そこで聴いた講話をきっかけに、芸能の道を歩むことを決め、演劇という新たなステージで演技力を磨いている。

hidokei135_kaisetu_top_a

誰もが無限の可能性の「種」を持っている

世界中で多くの人たちが、スポーツや芸術、哲学、科学、事業、発明、技術、コミュニケーション、ライフスタイルなどの様々な分野で、何か新しいものを創造したり、より素晴らしい表現をすべく努力を重ねていますが、それは人間のこうした本性に基づくものなのです。

hidokei134_kaisetu_top_b

ルポ 善意の世界が広がっている

高校生の時に原因不明の疼痛性障害を患ったTさんは、痛みが断続的に続いたが、この経験から大切なことを学んだ。

hidokei134_kaisetu_top_c

明るい前向きな心で、「病気本来なし」の自覚を深めましょう

「病気はない」。初めてこの言葉を聞くと、驚くのではないでしょうか。周囲には病院や薬局がたくさんありますし、現在、新型コロナウイルスの感染が世界中で拡大していることが毎日報道されていますね。「病気はない」とはいったい、どういうことでしょうか。

hidokei132_rupo_top_a

ルポ 誰もが素晴らしい存在であると 認めること

世の中に、たくさんある「〜主義」という言葉……。でも、「日時計主義」なんて聞いたことがないかもしれない。「日時計」とは、太陽の輝く時刻のみを記録する時計のこと。この日時計のように、明るい出来事に心を向け、思い出し、語り、記憶する生き方のことを、「日時計主義」という。悲しみや怒り、後悔などの不快な思いを捨て、晴れやかな明るい心でいると、あなたの周りになぜか明るい出来事が溢れてくる。「日時計主義」で生きるとき、あなたの人生が変わる。

hidokei133_kaisetu2_top_a

心の習慣をプラスに変える 『日時計日記』の効果はすごい!

進学や就職などで新たな生活が始まる4月。未来への大いなる希望を抱いている人もいる一方で、未来に不安を感じている人もいるかもしれません。そこでお勧めしたいのが「日時計主義」の生活法です。