Q 私は両親が40歳を過ぎて生まれた子どもで、小さい頃は可愛がってもらいましたが、高校3年生のとき、父が脳出血で倒れました。
一命は取り留めたものの、体に麻痺が残り、その後認知症を患ってずっと寝たきりです。今は働きながら母と介護をしていますが、突然大声を出し、暴言を吐く父にイライラしてもう限界です。どうしたらいいでしょうか。(K・H、27歳、男性)

『いのちの環』No.147「Q&A」メイン画像

A お父さんの心に寄り添い、愛情を注いであげて下さい

 頼りにしていたお父さんとは、一転、以前と違った姿で向き合うようになり、あなたが家族の支えとなっていらっしゃるのですね。ご家族やご自身の将来を考え、とても不安な気持ちを抱かれていることでしょう。

 しかし、親にも私たち自身にも言えることですが、人間の肉体は、年齢を重ねるにつれて、思うように機能しない部分が出てきます。これは致し方ないことです。

 私も、認知症となって脳梗塞で倒れた父親を介護した経験があるので、あなたが置かれた状況が少しは理解できます。その上で、あなたにお願いしたいのは、これまでと同じく、お父さんの心に寄り添っていただきたいということです。

 お父さんは、体が不自由になった今も、あなたが幼かったころと同じように、あなたのことを愛おしく思っているはずです。それなのに、体がうまく動かせず、思ったような表現もできなくて、どれだけもどかしく思っていらっしゃることでしょう。

 そんなお父さんが、今、頼りにされているのは、あなたやご家族なのです。今度は、あなたが、あなたから湧き出てくる愛情をお父さんに注ぐ番です。

 生長の家では、「すべての人間は、完全円満な神の子である」と説いています。あなたもお父さんも、同じ素晴らしい神様の心を持った“神の子”なのです。神の子の自覚を深め、お父さんの完全円満な姿を心で見つめて、笑顔で接し、優しい言葉を掛けてください。お父さんは、きっと喜び、感謝してくださるでしょう。

 また、自分一人で抱え込まず、介護施設を利用するなどして、多くの方の協力を仰いでください。きっとあなたの力になってくれるはずです。
 ご家族の幸せをお祈りしています。

『いのちの環』No.147「Q&A」回答者




回答者:吉柴康雄(よししば・やすお)
(生長の家本部講師)



相談をお寄せ下さい
生長の家の教えで問題解決を希望される方の相談文をお待ちしています。
誌上では匿名になりますが、住所・氏名・年齢・信仰歴を明記して下さい。


〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182
生長の家メディアセンター内 日本教文社
『いのちの環』編集室「Q&A」係
FAX●055-213-5022
Eメール●inochinowa@kyobunsha.jp
(携帯電話のキャリアメールでは、迷惑メールの設定によって受信が出来ない場合があります)